ダイバーズ補償内容

携行品損害補償

保険金の種類
保険金をお支払いする場合・お支払いする保険金
携行品損害補償
保険金
被保険者所有の携行品(カメラ、衣類、乗車券、通貨などの身の回り品で、住宅外において被保険者が携行しているもの)が、破損・火災・盗難などの偶然な事故により損害を被った場合に、被害物の保険価額(*)を基準に算定した損害額または修理費のいずれか低い額をお支払いします。ただし、保険期間を通じて携行品損害保険金額を限度とします。

(*)保険価額とは保険の対象と同等の物を再取得するのに必要な金額から使用による消耗分を差し引いて、現在の価値として算出した金額をいいます。

(注)保険の対象1個、1組または1対について10万円を限度とし、乗車券などまたは通貨などについては合算して5万円を限度とします。

※同一の補償を提供する他の保険契約などがある場合でも、受け取られる金額が実際のご負担額または損害の額を超えることはありません。

保険金をお支払いできない主な場合

次の事由により生じた損害に対しては、保険金をお支払いできません。

  • 故意または重大な過失
  • 自殺行為
  • 自動車・バイク・クレーン車などの無資格運転・酒気帯び運転
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  • 戦争・革命・内乱・暴動
  • 放射線照射・放射能汚染
  • 故障・欠陥
  • 置き忘れまたは紛失およびこれらの後の盗難
  • 携行品の自然の消耗、劣化、変色、変質、単なる外観の損傷

・・・など

(注)次の物は対象となりません。有価証券、預貯金証書、クレジットカード、電子マネー、旅券、運転免許証、自動車、自転車、ピッケルなどの登山用具を使用する山岳登はんなど危険な運動中のその運動用具、コンタクトレンズ、義歯、動物、植物など

CLOSE

Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.

ページの先頭へ